コミュニティにおける医療の未来を考える本格的多職種討論イベント

ジェネラリスト中部2012 

2012年12月23日(祝・日)10時〜17時
名古屋大学医学部附属病院内


主催:ジェネラリスト中部2012実行委員会

終了しました!ご来場ありがとうございました。


事後報告などの情報は、こちらからご覧ください。
当日の発言録は、こちらからご覧いただけます。



高齢化・多死社会における、医療機関や医療人の役割を議論するため、来る12月23日(日)、名古屋大学にて本格的多職種討論イベント「ジェネラリスト中部2012」を開催します。
コミュニティにおける医療機関や医療人に期待される役割や活動のあり方を、多様な視点から議論する中部地域初の取り組みです。コミュニティの健康と医療のあり方を考え、行動できる医療人の育成を目指す、一般社団法人Medical Studioが開催した全国イベント「Generalist Japan 2012」での情熱的な議論を引き継ぎ、地域で顔の見える関係を構築し、前へ一歩進める機運を作るべく、有志が集い、実行委員会形式で企画・運営するものです。

コミュニティの健康に関わる総合診療や家庭医療を臨床・研究もしくは志す医師だけでなく、専門医や看護師、薬剤師や保健師、介護関係者、医学部・看護学部等の学生、市民の皆さんなど、多様な立場の皆さんのご参加により、盛会のうち終了しました。詳しい事後報告は、上記Facebookページで随時更新していきます。

 日 時:  2012年12月23日(日・祝) 10:00〜17:00(受付9時30分〜)
 会 場:  名古屋大学医学部附属病院 中央診療棟3F 講堂ほか<地図
 住 所:  名古屋市昭和区鶴舞町65番地
 最寄駅:  JR中央線・地下鉄(鶴舞線)鶴舞駅 徒歩5分
 主 催:  ジェネラリスト中部2012実行委員会
 後 援:  愛知県名古屋市愛知県医師会公益社団法人 愛知県看護協会
   社団法人 愛知県薬剤師会公益社団法人 地域医療振興協会
   独立行政法人 国立長寿医療研究センターNPO法人 全国市町村保健活動協議会
   NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML、
   東海若手医師キャリア支援プログラム、愛知県在宅療養支援診療所連絡会
 参加者数:  200人(先着順)
 参加費:  3,500円(学生料金1,500円)※昼食代込み
 実行委員長:  大島 伸一(国立長寿医療研究センター)
 実行委員:  新井 大宏(静岡家庭医養成プログラム 森町家庭医療クリニック)
    川尻 宏昭(名古屋医療センター総合内科)
    鈴木 富雄(名古屋大学医学部附属病院総合診療科)
    吉岡 哲也(恵寿総合病院 家庭医療学センター)
    吉本 尚(三重大学大学院医学系研究科 総合診療科/家庭医療学)
 監 事:   伴 信太郎(名古屋大学医学部附属病院総合診療科)
 事務局:  名古屋大学医学部附属病院 総合診療科医局内
    一般社団法人Medical Studio

(登壇者敬称略) 登壇者略歴は、こちらからご覧いただけます

時間  メイン会場  サブ会場 
10:00
〜10:10
開会挨拶
鈴木 富雄 名古屋大学医学部附属病院総合診療科
 
10:10
〜11:00
キーノート・スピーチ
「日本の真ん中から長寿時代の医療を考える」
(仮題)

大島 伸一
国立長寿医療研究センター
聞き手:
伊藤 京子 名古屋大学大学院医学研究科
 
11:10
〜12:40
パネル・ディスカッション
「コミュニティ中心の医療をデザインする」

安藤 明夫
中日新聞生活部
桂川 一二
名古屋大学地域総合ヘルスケアシステム開発
山口 育子
ささえあい医療人権センターCOML
吉澤 徹
諏訪中央病院 産婦人科

コーディネーター:
川尻 宏昭 名古屋医療センター総合内科
 
12:40
〜13:40
交流ランチ   
13:40
〜16:00
フューチャー・セッション1
「コミュニティにおける病院とジェネラリスト
の未来」


神野 正博
 恵寿総合病院
山岸 紀子
 諏訪中央病院看護部
平川 仁尚
 名古屋大学 キャリア形成支援センター
鄭 真徳
 佐久総合病院 総合診療科
吉冨 裕久
 成田記念病院 心臓血管外科

コーディネーター:

吉本 尚
 三重大学大学院医学系研究科
フューチャー・セッション2
「保健・医療・介護・福祉をつなぐ
ジェネラリスト」


井階 友貴
 福井県高浜町 和田診療所
大羽 基貴
 介護老人保健施設ハビリス 一ツ木
栗木 小百合
 訪問看護ステーションきょうりつ
村居 巌
 愛知医科大学病院医療ソーシャルワーカー
吉村 学
 揖斐郡北西部地域医療センター 

コーディネーター:
吉岡 哲也
恵寿総合病院 家庭医療学センター

16:10
〜17:00
ラップアップ・セッション
「中部から変える、明日の医療」
登壇: 実行委員(新井 大宏ほか)
進行: 鈴木 富雄
 

コミュニティの健康と医療のあり方に関心を寄せる多様な職種からのご参加をお待ちしています。
議論は、中部地域(愛知、三重、岐阜、静岡、長野、石川、富山、福井の8県)を中心に展開しますが、地域を越えたご参加も歓迎します。

総合診療や家庭医療を臨床・研究もしくは志す医師
専門医
看護師、薬剤師、保健師や介護関係者などコミュニティにおける医療の従事者
医学部・看護学部等の学生
医療のあり方に関心を寄せる市民・個人のほか、日本の医療を変えたいと志している方々

「ジェネラリスト中部2012」は、有志の実行委員会によって企画・運営されています。1月下旬までに監事の確認のもと、このイベントに関わる費用の収支計算を開示する予定です。

ジェネラリスト中部2012実行委員会事務局 (名古屋大学医学部附属病院 総合診療科医局内)
TEL/FAX : 052-744-2951 (平日10時〜17時)
電子メール:generalistchubu@gmail.com


copyright: ジェネラリスト中部2012実行委員会